TOP製品案内納入・施工実績会社案内お問合せ新着情報
混合廃棄物選別装置 破砕機 振動式選別装置 インパクトエア−製品 光学式選別機 減容化シリーズ RPF製造ライン 熱処理装置 ミスト噴霧装置 カンファ水 特殊車両

カンファ水

強力殺菌効果・消臭効果がありながら「安心・安全」な衛生水

カンファ水とは
従来の殺菌剤・消臭剤は効果が強力な剤ほど、危険・有害な物がほとんどでした。 カンファ水は強力な効果を持ちながらも安全・無害・無公害な安心して使える新しい殺菌・消臭水です。
カンファスイは除菌用として幅広く使用されている厚生労働省認定の食品添加物薬剤「次亜塩素酸ナトリウム」に 食品添加物の酸性剤を加えて生成された衛生水です。 次亜塩素酸ナトリウムに酸性剤を加えることで効果が「更に高く」「速く」なることは理論上は解明されていました。 しかし、次亜塩酸ナトリウムに酸性剤を混和することは化学反応により有毒ガスが発生する非常に危険であることから 「混ぜれば優れた水が出来る」という理論はあっても、それを実現することは困難なことでした。この困難な混ぜ合わせをハセッパー技研が 開発した混合技術によりカンファスイが誕生したのです。カンファスイを生成する技術は東京都よりベンチャー技術大賞「奨励賞」を受賞した 信頼性のある確かな技術です。

カンファ水の生成
次亜塩素酸ナトリウムに塩酸などの酸性剤を混和することは、漂白剤やカビ除去剤などの次亜塩素酸ナトリウムを主成分とする剤には 必ず表記されている「まぜるな危険!」の通り、本来大変危険な行為であり困難な混合技術なのです。 これを「安全・安定的に混合する技術」をハセッパー技研が開発したことにより、カンファ水が誕生したのです。




次亜塩素酸分子(HOCl)の存在率が高いpH領域の殺菌水ほど
                優れた殺菌能力と高い安全性を持つ殺菌水なのです。


カンファ水や次亜塩素酸ナトリウムは次亜塩素酸で殺菌します。 次亜塩素酸はpHの値でその状態・存在が変動します。 アルカリ側(pH7.0以上)ではイオンの状態(OCl‐)として存在し、中性から酸性では分子の状態(HOCl)として存在します。 上記グラフはpH値による分子とイオンの存在率の変動を表しています。
カンファ水洗浄による消臭
カンファ水洗浄による消臭

このページのTOPへ戻る